MENU
Khsmty
よわよわプログラマー
メイン言語は TypeScript。Rust を勉強中。
アーカイブ

discord.js でグローバルチャットを作るサンプル

  • URLをコピーしました!

この記事は、2021年4月13日に Zenn で投稿した記事を一部書き直したものです。

エラーが出るようだったので修正しました。 (2021/04/14 21:20)

画像を送信できるものがなかったので作りました。

目次

チャンネル名

チャンネル名をここへ 部分は置き換えてください。

const discord = require("discord.js");
const client = new discord.Client();

client.on("message", (message) => {
  if (message.author.bot || message.channel.name !== "チャンネル名をここへ")
    return;
  client.channels.cache
    .filter(
      (ch) =>
        ch.name === "チャンネル名をここへ" &&
        ch.type === "text" &&
        ch.id !== message.channel.id
    )
    .forEach((ch) => {
      ch.send(
        new discord.MessageEmbed()
          .setAuthor(message.author.tag, message.author.avatarURL())
          .setDescription(message.content)
          .setImage(message.attachments.map((a) => a.url).shift() || null)
          .setFooter(message.guild.name, message.guild.iconURL())
      );
    });
});

トピック内容

トピック内容をここへ 部分は置き換えてください。

const discord = require("discord.js");
const client = new discord.Client();

client.on("message", (message) => {
  if (message.author.bot || message.channel.topic !== "トピック内容をここへ")
    return;
  client.channels.cache
    .filter(
      (ch) =>
        ch.topic === "トピック内容をここへ" &&
        ch.type === "text" &&
        ch.id !== message.channel.id
    )
    .forEach((ch) => {
      ch.send(
        new discord.MessageEmbed()
          .setAuthor(message.author.tag, message.author.avatarURL())
          .setDescription(message.content)
          .setImage(message.attachments.map((a) => a.url).shift() || null)
          .setFooter(message.guild.name, message.guild.iconURL())
      );
    });
});
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


目次