MENU
Khsmty
よわよわプログラマー
メイン言語は TypeScript。Rust を勉強中。
アーカイブ

【画像で解説】WP Mail SMTP を使って Gmail 経由で WordPress からメールを送る方法!

  • URLをコピーしました!

このサイトでも使用している WordPress では、たまにシステムメールが送られてくることがあります。

こういうやつ

ドメインに MX レコードや DKIM や DMARC、SPF などが設定されておらず、レンタルサーバーがメール送信に対応していればいいのですが、このドメインでは Google Workspace で Gmail を使用しているため、残念ながらメールが到達せず弾かれてしまいます。

そこで、この記事では、標準でメールが送れない環境でも、Gmail 経由で正しくメールを送信する方法を解説します。

目次

プラグインのインストール

まず、プラグイン新規追加 と進み、「WP Mail SMTP」で検索します。

以下のようなプラグインが出てくるので、「今すぐインストール」を押下します。

インストールができたら「有効化」ボタンが表示されるので、押下します。

以上でプラグインのインストールは完了です。セットアップを始めましょう。

セットアップ

インストールが完了すると、以下のようなセットアップウィザードが始まると思います。
基本的にこれに従って進めればセットアップできます。

まず、「始めましょう」をクリックします。

以下のようなメーラー選択画面になるので、「Google / Gmail」を選択して、「保存して続行」をクリックします。

以下のような警告が出てきますが、あまり WordPress で API のレート制限に引っかかるようなメール送信はしないと思うので、無視して大丈夫です。

「了解して続ける」をクリックします。

次に、Google Cloud Console にアクセスし、Client ID と Client Secret を取得していきます。

まず、以下の URL へアクセスします。

https://console.cloud.google.com/home/dashboard

既にプロジェクトを作成したことがある場合は、左上にプロジェクト名が表示されているので、これをクリックします。

次に、「New Project」をクリックします。

Project name、Organization、Location を設定し、「Create」をクリックします。

(私は個人で Google Workspace アカウントを使っているので、通常の Google アカウントだと設定が少し違うかもしれません)

右上に通知が表示され、少し待っていると「Create Project: <プロジェクト名>」という表示に変わります。

ここで、忘れずに「Select Project」をクリックしてください。

左上のプロジェクト名が、さきほど作成したものに切り替わっていたら OK です。

API の有効化をしていきます。ハンバーガーメニューを開き、「APIs & Services」→「Library」と進んでください。

検索窓に「gmail」と入力し、出てきた「Gmail API」を選択します。

詳細画面に遷移するので、「Enable」をクリックします。

このような、グラフが表示される画面になれば成功です。

次に、「Create Credentials」をクリックします。

「Select an API」で Gmail API が選択されていることを確認し、
「What data will you be accessing」では「User data」を選択し、「Next」をクリックします。

次に、アプリケーションの情報を入力していきます。

「App name」には適当な名前を (ここでは WordPress Test としました)、
「User support email」「Developer 」には自分のメールアドレスを (公開されません)
「App logo」は空欄にします。

すべて入力出来たら「Save and Continue」をクリックしてください。

スコープの設定画面になりますが、ここは何も触らずに「Save and Continue」をクリックします。

「OAuth Client ID」では、「OAuth redirect URIs」のみ編集します。

「Add URI」をクリックし、URIs 1 に「https://connect.wpmailsmtp.com/google/」を入力します。

Client ID は後でコピーするので、ここでは無視して「Done」をクリックして終了します。

次に、メニュー内の「OAuth consent screen」をクリックして移動します。

「User type」の項目にある「Make External」をクリックします。

「In production」を選択し、「Confirm」をクリックします。

次に、メニューから「Credentials」をクリックして移動します。

「OAuth 2.0 Client IDs」の項目に、先ほど作成した Client が表示されているので、鉛筆マークをクリックして編集画面に入ります。

「Additional information」項目に「Client ID」「Client secret」が表示されているので、この2つをコピーし、WordPress の管理画面にそれぞれ貼り付けます。

入力が完了したら、オレンジ色の「Google と連携」をクリックし、Google 側からのアクセスを許可します。

完了したら以下のようなダイアログが表示されます。これで認証は完了です。

Gmail に複数のメールアドレスを登録している場合はドロップダウンが表示されます。
ここでは分かりやすいように「[email protected]」を選びました。

入力が完了したら、「保存して続行」をクリックします。

機能の選択画面が表示されるので、「メールの到達性の向上」「メールエラー追跡」以外のチェックを外し、「保存して続行」をクリックします。

メールマガジンの提案が表示されますが、不要なので「この手順をスキップ」をクリックします。

プロ版のライセンスキーを入力する画面が表示されますが、これも不要なので「この手順をスキップ」をクリックします。

以下のような完了画面が表示されたらセットアップは完了です。

このようなテストメールが送信されていることを確認してください。

最後に、「セットアップ完了」をクリックして、セットアップウィザードを終了します。

以下のような管理画面に戻ったら完了です。お疲れさまでした。

まとめ

Gmail 経由で WordPress からのメールを送信する方法を解説しました。

設定の参考になれば幸いです。お読みいただき、ありがとうございました。

参考

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


目次