MENU
Khsmty
よわよわプログラマー
メイン言語は TypeScript。Rust を勉強中。
アーカイブ

Yarn v3 を導入して高速に依存関係をインストールする

  • URLをコピーしました!
目次

Yarn v3 とは

まず、Yarn v3 の目玉機能と言っていいのが、この3つです。

  • Plug’n’Play (PnP) という仕組みで、node_modules フォルダを作らずに依存関係を解決します。
    → インストール時間やディスク容量の大幅な削減が可能
  • Zero-Installs という機能で、依存関係の情報を .yarn/cache フォルダに保存し、Git などのバージョン管理システムにコミットできます。
    → それぞれの端末でyarn installを実行する必要がなくなる
  • Virtual Packages という機能で、同じパッケージの異なるバージョンを同時に使用できます。
    → 依存関係の衝突や互換性の問題を解決できる

やっぱりインストールなどが超爆速なのが大きいです。体感、最近話題の pnpm より速いかも。

新規プロジェクトを作成する

Yarn v3 のインストール・初期化

$ yarn set version berry

デフォルトでは v1 が使用されるので、v3 を指定してインストールする必要があります。

この時、.yarnrc.ymlという設定ファイルと.yarnフォルダが作成されます。

$ yarn init

次に、プロジェクトを初期化しておきます。

package.json が生成されるので、必要に応じて name や version を編集します。

パッケージのインストール

$ yarn add <package>

必要なパッケージをインストールします。この時、パッケージのデータは.yarn/cacheフォルダにパッケージの情報が保存されます。

$ yarn install

PnP の設定を行います。この時、.pnp.cjsというファイルが作成されます。

.gitignore の設定

.yarn ディレクトリにはコミット不要なファイルも生成されるので、それらを gitignore に指定します。

# Yarn v3
.pnp.*
.yarn/*
!.yarn/patches
!.yarn/plugins
!.yarn/releases
!.yarn/sdks
!.yarn/versions

これで Yarn v3 が使用できるようになりました 🎉

既存プロジェクトを移行する

Yarn v3 のインストール

$ yarn set version berry

デフォルトでは v1 が使用されるので、v3 を指定してインストールする必要があります。

この時、.yarnrc.ymlという設定ファイルと.yarnフォルダが作成されます。

パッケージファイルの移行

$ rm -rf node_module
$ yarn install --mode update-lockfile

まず、既存のパッケージのファイルを削除します。

次に、既存の package-lock.json や yarn.lock ファイルを Yarn v3 の形式に変換します。この時、.yarn/cache フォルダにパッケージの情報が保存されます。

$ yarn install

PnP の設定を行います。この時、.pnp.cjsというファイルが作成されます。

.gitignore の設定

.yarn ディレクトリにはコミット不要なファイルも生成されるので、それらを gitignore に指定します。

# Yarn v3
.pnp.*
.yarn/*
!.yarn/patches
!.yarn/plugins
!.yarn/releases
!.yarn/sdks
!.yarn/versions

これで Yarn v3 が使用できるようになりました 🎉

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


目次